HOME > 衣裳について

衣裳について

伝統が彩る、洗練された美

衣装ギャラリー

白無垢

すべてを白で統一した純真な装いは日本の伝統的な花嫁姿。シンプルだからこそ素材にこだわり、上質な繻子織に古典柄を施した衣裳は美しさも格別。花嫁の象徴でもある綿帽子、角隠しも映える、気品あふれるクラシカルな白無垢は、一生に一度、日本人女性として残していきたい花嫁姿です。

ギャラリーはこちら

打掛

艶やかで格調高い色打掛。職人が手刺繍を施した美術品価値の高い「竹屋町縫い」、織柄が独特の風合いを持つ「唐織」、歌舞伎の衣裳のような技法「縫いとり」など、他にはない華やかな打掛が多彩。打掛の下に着る「掛下」は、白だけではなく、「朱鷺」、「赤」、「鶸」など日本の色でご用意しています。

ギャラリーはこちら

引振袖

「お引きずり」とも呼ばれる引き振袖。江戸時代、武家に嫁ぐ女性たちが嫁入り道具として用意したことが花嫁衣裳のルーツとも言われています。裾を引きずったラインが女性らしく優美な花嫁姿を演出。帯や小物のコーディネートによって、古典的に凛々しく、モダンでかわいらしく・・・花嫁姿を個性的に演出できるのも魅力です。

ギャラリーはこちら

振袖

未婚女性の礼装である振袖は、女性にとっては結婚式が最後となります。だからこそ、大切にしっかり残しておきたいもの。北徳の振袖は、日本のお祝い事にふさわしい吉祥文様や可憐な愛らしいデザインなど多彩。衣裳や帯の柄をしっかり見せ、ゲストを魅了する華やかなスタイルで、晴れの舞台、結婚式を彩ります。

ギャラリーはこちら

帯

和装は、「重ね」の美しさを感じられる日本の伝統衣裳。着物、帯、小物・・・コーディネートによって印象が変わり、その奥深さを感じられます。有職文様・吉祥文様が描かれた織物、重厚感ある唐織など、現代にはないような存在感あふれる帯で、花嫁衣装をさらに格調高く演出しています。結婚式、前撮り問わず、自由に選んでいただけます。

ギャラリーはこちら

花婿

「お2人の姿が美しく映える」ために、男性も凛々しくカッコよく和装姿をご提案。黒紋付以外に、着物は日本の色で5種類、袴は10種類以上と豊富。着付けにはこだわり、衣裳の寸法直しもいたします。家紋は、飾り紋ではなく、おうちの家紋をお付けしています。日本人男性として、和装を着ていただく上で当然であり私たちが大切に思うことなのです。

ギャラリーはこちら

長年、舞台衣裳を手がけてきた北徳ならではの衣裳・演出をご紹介します。

常磐衣(ときわごろも)

常磐衣とは、平安時代末期の美女で源義経の母である常磐御前が着用していたもので、歌舞伎では「吉野山」の静御前、「宗清」の常磐御前などがその姿です。格式高く、高貴な印象をうけます。赤綸子の掛下とあわせ、花婿様を織物の紋服姿にされるのがお勧めの姿です。

小袿(こうちき)

小袿とは、平安時代以降の位の高い女官の礼装で、本来は単衣(ひとえぎぬ)に緋の袴をはき、袿(うちき)を重ねた上に着用するもので、いわば、十二単を簡素化した姿です。十二単ほど見た目も重くないですし、花婿様の紋服ともあいますので、披露宴の雰囲気にもあった姿です。

裃(かみしも)

平安時代の「無袖短衣」を起源とし、江戸時代にいたり武士の礼装となった姿。北徳は、花嫁様、花婿様、お二人一組の姿が非常に大切だと考えています。紋服のバリエーションに加え、「花婿様の色直し」をご提案します。

早替わり

日本舞踊や歌舞伎には、「早替わり」という演出があります。その名の通り演者が素早く、短時間で役柄や姿を替わるという演出です。長年舞台衣裳を手掛けてきた北徳は、披露宴においても、大切なお客様を待たせることなく、お色直しを楽しんでいただけます。



綾婆と御爺の昔話。

綾婆と石黒の御爺という人がいました。男勝りの綾婆は、負けず嫌いな衣裳屋のおかみさん。綾婆は御爺に言いした。「世界一の花嫁衣裳をつくってくれ。」御爺は京都の「竹屋町縫」の刺繍職人。御爺はゆっくりと丁寧に刺繍をします。何にもとらわれず衣裳に命を宿します。そして花嫁衣裳ができました。約1年後のことです。

時間やお金を考えず、ただいいものを追及する。こうしてつくられたのが、北徳の衣裳です。残念ながら、今の私たちの時代でつくるのは、非常に困難です。北徳の衣裳は、綾婆[(株)北徳 先代会長 鎌田綾子]や御爺[※竹屋町縫職人 故 石黒縫吉斎師]の頃のような古き良き時代が生んでくれた遺産なのです。

衣裳を着ることは、温もりを着ること。

1年という長い時間をかけてつくられた、一着の衣裳。そこに、綾婆と御爺の想いがどれほど込められているのか…。北徳の衣裳には、そんな職人たちが生んだ「温もり」がある。生まれてから今日までの歴史がある。だから、私たちは真新しいもの、斬新なデザインを追い求めるのではなく、先人が生んだ温もりや美しさを、守っていきたいと思います。 感謝の気持ちをこめて。 そして、その温もりに新たな歴史を刻んでくれる幸せなお二人の思いも、大切にしたいと思っています。

結婚式衣装レンタル承ります
  • TEL052-882-2968代表・舞踊課:名古屋市瑞穂区新開町22-18
  • TEL 052-883-3669ブライダルサロン:名古屋市名東区貴船3-705