HOME > 新着情報 > 日本舞踊・イベント・よさこい > 「名古屋をどり」、中日劇場にて公演中です!

新着情報

カテゴリー別
月別

「名古屋をどり」、中日劇場にて公演中です!

2013.09.05

 名古屋の秋を彩る、日本舞踊公演、「西川流名古屋をどり」。

昭和20年から、「芸どころ名古屋」で長きにわたり続く伝統行事、今年で第66回を迎えます。9月5~10日まで中日劇場にて公演中。

名古屋をどり

北徳は、66年間、その舞台衣裳を手掛けています。もちろん今年も・・・。

歴史ある舞台の衣裳を担当させていただき、名古屋の伝統文化に携わることができて私たちも嬉しく思います。

さて、初日は・・・ロビーにもお祝いのお花がいっぱいです

名古屋をどりロビー

名古屋をどり花

加藤晴彦さんは、3年前にゲスト出演されていました。

かつては美空ひばりさんも出演されていたそうですよっ!

千雅さんと

西川千雅先生と、北徳若女将貴子さん。

初日は、ロビーに家元をはじめ、舞踊家さんたちが紋付袴でずらりと並んでお客様をお迎えしています。

華やかな初日ムードはまさに「舞台の幕開け」って感じで、ワクワクしますね♪


 さて、名古屋をどりの衣裳はすべて北徳ですが、実は貸衣装はレンタルするだけでなく、「着付け」という大切な仕事があります。ちょっと楽屋を覗いてみましょう

楽屋

ここは、関係者しか入れません~。そして、楽屋はこんな感じ。

衣裳屋さん、かつら屋さん、顏師さん・・・それぞれのプロフェッショナルが集結しております

楽屋で

家元のお孫さんにあたる、西川カークさんが本番前で衣裳着付け中です。

カーク着付け

縫取りの着物に、豪華な織物袴で、凛々しい姿。

表情もさすが!役者さんですね

社長と

北徳の社長と。本番前なのに、ステキな笑顔をみせてくださったカークさんでした。

舞台は、舞踊家さんと裏方スタッフが一丸となって、一つの舞台を作り上げていくもの。

まさに日本の総合芸術!なのです。

私たちは衣裳&着付けのプロとして、役者さんが美しくみえるよう、舞台上で映えるよう、お手伝いをしています。

もちろん、結婚式や和装前撮りロケーション撮影も同じ。新郎新婦様の美しい晴れ舞台を作り上げていく・・・それが、舞台衣裳の北徳がプロデュースする前撮りなんですね

だからこそ、「どこにもない伝統美の美しい世界観」が生まれるのだと思います。

名古屋をどりは、古典から新作舞踊劇まで、初心者にも楽しめるエンターテイメント!

芸術の秋・・・日本の伝統芸能&文化に触れて、感性を磨くのもステキなことです。ぜひ名古屋をどりも鑑賞してみてくださいね。北徳の華やかな舞台衣裳も見られますよ

チケットお問い合わせは、052-831-7106(西川流事務局)まで。

詳細はこちら→★★★

 

 

 

 

HOME > 新着情報 > 日本舞踊・イベント・よさこい > 「名古屋をどり」、中日劇場にて公演中です!
ページの先頭へ戻る