HOME > 新着情報 > 雑誌・メディア掲載情報

新着情報

カテゴリー別
月別

森昌子さんの新曲「花魁」の衣裳を、北徳でタイアップしています!

2014.05.08

舞台衣裳の北徳では、芸能関係のお仕事もさせて頂いております。

この度、なんと・・・あの大物演歌歌手、森昌子さんの新曲「花魁」の衣裳をタイアップさせていただく事になりました

CDジャケット、プロモーションビデオ、テレビ番組、ポスターや雑誌撮影など、すべて北徳の衣裳ですっ!

 4月16日発売の新曲、「花魁」。

花魁ジャケ

妖艶でとっても美しいですね!

楽曲は、作曲宇崎竜童、作詞阿木曜子という往年のゴールデンコンビ!山口百恵など数々のヒットメーカーを生み出したアーティストが手掛けていることも話題に

花魁独特の刹那的な歌詞と、エレキギターがかっこいいロックテイストのサウンドが新しい世界観を創り出しています。

花魁2

そして衣裳は・・・江戸時代の花魁が実際に着ていた衣裳を忠実に再現しています。

その重さは、なんと十数キロ!豪華絢爛な遊女の姿は圧巻ですね!

 

 

森昌子さんの新曲「花魁」の衣裳を、北徳でタイアップしています!の続きを読む

テレビ放送予定!2月7日(金)17時~、東海テレビ「スーパーニュース」にて「節分お化け」が紹介されます!

2014.02.05

 「節分お化け」ってご存知ですか?

江戸時代から、京都の花街を中心に続く日本の伝統行事。舞妓さんや芸者さんが節分の日は普段できない格好に紛争しお客様を楽しませるというものです。

実は、名古屋でも老舗料亭や高級クラブでは「節分お化け」が盛んで、長年その衣裳を一手にお手伝いしているのが北徳なんです

北徳本社は、衣装、かつら、顏師さんが集結してお支度風景が繰り広げられます。

節分支度

そして今年は、名古屋で400年の歴史と伝統を誇る老舗料亭「河文」の若女将が節分お化けに挑戦!ということで、テレビ局も何社も入りました~。

花魁インタビュー

テレビの放送予定は・・・

2月7日(金)、17時~、東海テレビ、「スーパーニュース」。

北徳でのお支度密着から河文でのイベントの模様まで・・・紹介されますのでぜひチェックしてくださいね!

老舗料亭「河文」の若女将さんが変身されたのは、江戸時代の花魁です。まずは衣裳から~。

着付け1

着付け2

支度

舞台衣裳は豪華なので男性が着付けをします。パパっと手際よく、苦しくないようプロの技が光りますね。社長自ら着付けしています。

かつら

かつら2

かつらも職人さんがきれいに仕上げてくださいます。花魁のかつらは迫力満点!

 

テレビ放送予定!2月7日(金)17時~、東海テレビ「スーパーニュース」にて「節分お化け」が紹介されます!の続きを読む

☆NHK「ほっとイブニング」で北徳の和装前撮りが紹介されました☆

2013.11.07

先日のNHKさんの放送、見てくださった方ありがとうございます。

花嫁様達はもちろん、色々な方から、「テレビ見ました~」と反響を頂き、さすがNHKさん!ですね

観られなかった方のためにどんな内容だったかをお伝えしますね!

夕方の「ほっとイブニング」での生中継コーナーです。

NHK名古屋をどり

「名古屋で70年もの間親しまれる伝統芸能の祭典、名古屋をどり。その舞台衣裳を手掛ける老舗の衣裳店がブライダル和装や前撮りを始め、人気を集めています」。

 NHKスタジオ

「中継がつながっています、野田さ~ん♪」

NHK野田さん

「はい、名古屋市名東区にあります、ブライダルサロンに来ています。まずは豪華な打掛をご覧ください!」

NHK打掛

「舞台衣裳店ならではの歴史と技術がつまった、華やかな刺繍です!」

「艶やかですね~。」とスタジオから。

「結婚式の和装と言えば、女性はもちろん男性も大切ですよね。一般的にはこの黒紋付きのイメージがあるかと思いますが、こちらの会社ではちょっと違うんですよっ」

NHK黒紋付き

「男性の衣裳も・・・こんなにたくさんの色バリエーションがあるんです!!」

NHK着物

 「着物は7色、そして袴も15種類!なんとコーディネートは100種類以上に~★」

NHK袴

「素敵ですね~。男性も華やか~。」とスタジオからも歓声が上がります。

NHKインタビュー

インタビューでは、「男性にも衣裳選びから楽しんでで頂いています」とお伝えしていますよ。

「そして、そんな衣裳を実際に新郎様が着ると・・・こうなりますっ!」。  

☆NHK「ほっとイブニング」で北徳の和装前撮りが紹介されました☆の続きを読む

北徳前撮りが、東海テレビで紹介されました!!

2013.04.22

先月、「舞台衣裳の老舗、北徳の前撮りロケーション撮影」がテレビで紹介されました

東海テレビ「きょうのアナ」という番組で、若女将の貴子さんが取材されたのです~。「見れなかった!」という方のために少しだけご紹介させていただきますね。

 テレビ1

 テレビ3

 「舞台衣裳ならではの美しい和装で、日本庭園の素敵なロケーションで前撮りができる」のは珍しく、全国的にも北徳だけ!それが花嫁様に人気ということで・・・

プロデューサーさんから、「ぜひ取材させてください!」

今回はいつもお世話になっている白鳥庭園でのロケ風景を密着。

東海テレビアナウンサーの、勅使河原アナがインタビューしています!

テレビ2

 「こんな素敵な和装でロケ撮影ができるなんて・・・花嫁様は幸せですね!」。

「ロケは結婚式とは違ってゆったりお二人も楽しめますから、みなさんやってよかった!とおっしゃいますね」と会話も弾みます。

そして、番組では、「北徳さんはサロンもちょっと他とは違うんですか~?」ということで・・・

テレビ4

ブライダルサロンにも来ていただきましたよ。

北徳では、花嫁様との打ち合わせは、「自宅サロン★鎌田邸」なのです

 テレビ5

 テレビ6

テレビ7

「オシャレなおうち兼サロンですね~」という勅使河原アナに、

「打ち合わせや衣裳選びはオフィスではなく、おうちにすることで、花嫁様にリラックスして楽しく和装を楽しんでいただきたいと思っています。おうちならではの温かいおもてなしを心掛けていますね」と貴子さん。

「なるほど。新郎新婦様もこれから新居を考える時期ですし、オシャレなおうちでの打ち合わせは嬉しいですよね。」

このあと、「実際にステキな衣裳を見たい!」という流れになり、いざご試着へ~

 

北徳前撮りが、東海テレビで紹介されました!!の続きを読む

ゼクシイ9月号に、「北徳の打掛」が紹介されました☆

2011.07.26

7月23日に発売された、ゼクシィ東海版9月号☆

2011072422590000.jpgゼクシイ9月号

和装を特集している編集記事で、北徳の衣裳が紹介されています(132ページ)

なんと・・・企画ページの表紙です!「1ページでド~ン!」と(右側)

2011072423000000.jpgゼクシィ扉見開き

☆「色で織りなすおしゃれ和ウェディングの世界」☆

日本の花嫁だからこそ楽しめる和のウェディング。衣裳もコーディネートも今ドキの「和」はとってもオシャレ!

今回の特集は「色で選ぶ“和”」という新提案。

春夏秋冬と、四季を通じて個性が活かせる・・・そんな和装の楽しさを体感して♪

そんなステキな企画になっています。

そして、北徳の衣裳は・・・コチラ↓↓ 春バージョン

2011072423020000.jpgゼクシィ打掛(春)

春らしい桜色、淡いピンクの打掛です

上品な色合いの打掛に、花束やくす玉が描かれたレトロな柄かわいいがデザイン。北徳の衣裳ならではの、金糸で縁どられた刺繍は、豪華さもたっぷり。

そして、掛下(打掛の下の着物)は、普通は白しかないのですが、舞台衣裳の北徳ではオシャレにご提案

淡いピンクの打掛には、さわやかなグリーンの掛下を合わせています。衿元と、裾からちらっと見えるグリーンはとっても素敵!白の掛下よりも、グッと個性的でオシャレな印象の花嫁姿に・・・。

朱鷺色(ピンク)×鶸色(うぐいす色・グリーン)は、日本の伝統的な色でもあり、和装の色合わせでよく使うコーディネート。北徳では、舞台衣裳や花嫁衣装を長年手がける、知識とセンスで、花嫁さんそれぞれに合った小物合わせやコーディネートをご提案しています。

ゼクシィの編集スタッフの方からも、「見たことない衣裳です!素敵すぎです!」と大絶賛でした~

ゼクシイ9月号に、「北徳の打掛」が紹介されました☆の続きを読む

ゼクシィ6月号に北徳の衣裳が紹介されています

2011.05.13

今月発売中のゼクシィ東海版6月号。

2011051314190000.jpgゼクシイ6月号 

最近のブライダル事情は、「やっぱり和婚や和装での花嫁が美しい!」ということで、編集記事でも和装がよく取り上げられていますね。

そして和装の中でも、「かわいい花柄のイマドキ和装」より、「伝統美が美しい古典文様の和装」が人気だそうで・・・

実は昔から伝わる伝統的な雰囲気の衣裳を持っている衣裳屋さんは少なく、「北徳さんの衣裳は本当に貴重です」と言っていただいております

確かにホームページを見ていただき北徳にいらっしゃる花嫁さんの声は、「流行りのかわいい和装より、古典的な衣裳の美しさに魅かれます・・・。」という方がほとんど。

昔から日本に伝わる伝統的で格調高い色・文様・デザインは、やはり何十年たっても変わらず、色あせないもの。そこに、本質の美しさがあると思います。

今回ご紹介いただいたのは、こちらの振袖 ↓↓

2011051209580000.jpgゼクシィ朱振袖  ←朱紗綾型綸子地立涌花文様の振袖

しっとりと落ち着いた朱色の着物に、日本の有職文様でもある紗綾型、立涌が描かれ、四季折々の草花もあしらった豪華で上品な振袖です。

「このような古典文様の衣裳は、なかなか珍しいでぜひ撮影させて下さい」とゼクシィのスタイリストさんからお話がありました。舞台衣裳の北徳では多くみられるデザイン、高貴な雰囲気です。

花嫁さんはもっとも格調高い女性の姿ですから、流行りの花柄のようなの着物ではなく、日本の吉祥文様や刺繍など、品格がある衣裳が素敵だと思います

101124f-317s.jpg東様半身 この衣裳に一目ぼれの花嫁さん!いい笑顔

  PB241716.JPG東様抱きつき お袖もキレイ!刺繍が豪華です

前撮りとは言え、和装の花嫁姿になるのは一生に一度、

ドレス選びが楽しいように、和装選びやコーディネートも北徳ではとにかく楽しんでいただいております。

運命の一着・・・そんな和装に出会えるお手伝いができたら嬉しく思います。

さて、お次は、以前ゼクシィに紹介していただいた引き振袖・・・実は、こちらが本当に運命の一着になった?花嫁さんもいらっしゃいますよっ!

 

ゼクシィ6月号に北徳の衣裳が紹介されていますの続きを読む

ゼクシィ3月号、モデルさんに北徳の衣裳を着ていただきました。

2011.02.06

ただ今発売中の、ゼクシィ3月号☆

 2011020422440000.jpgゼクシイ3月号

 最近とっても人気の、「和装や和婚」。

今回は編集ページの中で、「和婚の特集」があります。

その名も・・・「あなたはどう取り入れる?十人十色和婚スタイル」

花嫁モデルさんが着ている衣裳は、北徳の色打掛ですよ~(P124)。

2011020422430000.jpgゼクシィ企画ページ打掛

白綸子地に、雪輪露芝花文様が総刺繍で描かれた、

華やかでかわいらしい打掛です。

2011020410510000.jpg縫いとり白打掛

歌舞伎や舞台衣裳の刺繍の技法でよく使われる、「縫いとり」と呼ばれる刺繍の技法で、四季折々の花文様がふんだんに施されています。

舞台衣裳というものは、「二階の客席からも美しく見えるように・・・」ということが大切。

幕が上がり、ライトが当たった瞬間に、「キレイ!!」とお客様を感動させたい

北徳の衣裳にはそんな思いが込められているんですね。

花嫁衣裳は、近くで見るのはもちろんのこと、遠くから見ても美しい!

だからこそ、広い絵で撮るロケーション撮影には最適なのです。

『北徳さんの衣裳は、写真うつりがとってもキレイですね☆』

とみなさまに言われているのは、いわゆるブライダル衣裳とは違う感覚、

舞台衣裳を長年手がけている人たちの目線で花嫁衣裳も制作されているから・・・

というわけです

 

ゼクシィ3月号、モデルさんに北徳の衣裳を着ていただきました。の続きを読む

ゼクシィ2月号に、「前撮り・ロケーション撮影」が紹介されました♪

2011.01.10

花嫁さんのための結婚情報誌、「ゼクシィ東海版」。

2月号は「年に一度のスペシャル号」ということで・・・付録も記事も多く豪華!

2011011213060000.jpgゼクシイ2月号

ゼクシィ2月号の編集ページで、「名古屋を中心とする前撮り・ロケーション撮影」の紹介記事があり、

その名も「ステキ写真が撮れるロケーションスポットガイド」

北徳も、撮影できるスポットやお客様のお写真を紹介していただきました♪

まずは、「和装が映える日本庭園で」のページ。

名古屋を代表する歴史的庭園、徳川園をご紹介しています。

2011011213120001.jpgゼクシイ記事2

徳川園は、江戸時代に主流であった大名庭園の様式と同じ、池泉回遊式の庭園。

四季折々の自然が美しく,和装に映えるということで花嫁にも人気のロケーション。

北徳では、徳川園すぐ近くにスタジオがあるので、「お着替え&移動がとってもラクでした♪」という声も多く、春や紅葉のシーズンは大人気で予約がすぐに埋まってしまうほど!です

掲載されたお写真はコチラ・・・

F-0525.JPG大堀様紫2人歩き

徳川園の橋の上を和装姿で歩くお二人。。。自然なショットが素敵です。

このお2人は北徳で実際に前撮りをしていただいたお客様ですよ~。モデルさんみたいですね

HPを見ていただき「衣裳がステキで、写真がどこよりも美しかったから」と、東京からわざわざお越しいただいたお二人。嬉しい限りです。

新郎様の衣裳も、黒紋付ではなく金茶の織物のお着物に、抹茶の袴。

新婦様の紫の引き振袖をさらに美しく引き立たせるよう、新郎様の衣裳もオシャレにかっこよく着せるのが、舞台衣装の北徳流です。

ロケーション撮影は、衣裳、着付け、ヘアメイク、ロケーション、カメラマン撮影、すべてのクオリティが高いモノをめざしていますので、お客様からも喜んでいただいていますよ。

さて、もう一か所のロケーションスポットは、またまた和装が似合う素敵な場所のご紹介です

 

ゼクシィ2月号に、「前撮り・ロケーション撮影」が紹介されました♪の続きを読む

「ゼクシィ9月号」に、北徳の衣裳が紹介されています

2010.08.06

花嫁さんの結婚情報誌, 『ゼクシィ東海版9月号』

編集ページにて、北徳の衣裳を掲載していただいております

P1050324.JPGゼクシィ9月表紙

内容は・・・「今どき和ウェディングすべて見せます」という企画。

最近のブライダルでは、“和”がとっても人気☆

和婚や、和装というキーワードをよく雑誌でも見かけます。

やはり、日本人女性として、伝統的な結婚式や、和装という伝統美に魅かれる・・・

そんな花嫁さんが増えているんですね。

和の心を大切に思う女性・・・とても素晴らしいことだと思います

私たち、北徳でも、 「やっぱり素敵な和装が着たいから」

「お母さんやおばあちゃんの喜ぶ顔が見たいから」

「前撮りで、和装のキレイな写真を残したいから」・・・という花嫁さんからの嬉しい声が多いです。

挙式当日にたくさんのゲストに和装姿を披露する のも、

前撮りで一日ゆったりと、美しい写真を一生の思い出に残す のも・・・

どちらも花嫁さんにとっては、かけがえのない幸せな瞬間ですよね。

 日本の花嫁さんにとって、和装は「かかせない!」モノとなりつつあるようです

「ゼクシィ9月号」に、北徳の衣裳が紹介されていますの続きを読む

「ナゴヤ劇場ジャーナル」に、インタビュー取材されました☆

2010.07.29

「ナゴヤ劇場ジャーナル」ってご存知ですか?

ダンスを中心に、名古屋地区の音楽や演劇など、

舞台芸術全般を応援するフリーペーパーアップ

DVC00391.jpg劇場ジャーナル

色々なホールや、劇場などに置かれていて、

足を運ぶお客様や、出演される役者さん達には、おなじみの存在になっているそうですニコちゃん


実際行われた公演のレポートや、いわゆる“裏方”に当たるスタッフのインタビューなども掲載アオキラ

けっこう読み応えのありフリーペーパーです。
 

そこで・・・、

今回、「名古屋の衣裳屋である北徳さんも取材をさせていただきたい」とのお話で、

社長がインタビューされていましたこれ↓

「ナゴヤ劇場ジャーナル」に、インタビュー取材されました☆の続きを読む

 

1|2 >>

 

HOME > 新着情報 > 雑誌・メディア掲載情報
ページの先頭へ戻る